S11(S10) シルビアとマイナー旧車

2009年6月 マルコホーン取付

20年前のマルコホーン

20年ほど前、自分の車にはマルコホーンを付けてました。

当時は社外のホーンというと、現在のヨーロピアンの様なカタツムリタイプではなく、ベンツタイプの物が人気でした。特にマルコホーン(マルコハイウェイホーン)は一番音色が良くて人気があったのですが、値段が高いため、みんなパチ物を付けていました。私も自分の車に付ける際、安物にしようか悩みましたが、奮発して買った記憶があります。
そしてその車に付けていたホーンを、いつか使おうとずっと取っておいたのですが、 結局使わずじまいで時代に合わなくなってしまいました。

でも旧車ブームの今、当時物のマルコホーンは綺麗にしたら結構高く売れるのではないかと思い、磨いてみました。

綺麗になったマルコホーンさすがに中心の赤青の部分は磨くと消えてしまうので、そのままです。

今回はフェルトパッドに青棒で磨いてみました。
左側が押入から取り出したままの状態、右側が磨いた後です。かなり綺麗になります。

これで高く売れるかなと思ってネットオークションの相場を見てみると、かなり安いです。
よく調べてみると、今でも製造・販売されている事が分かりました。

これでは売れません…。

取り付けたホーン

せっかく磨いたので、仕方なく自分の車に付けてみました。

純正ホーンの取付位置にそのまま付けましたが、このように左右が対称になってません。
右側(向かって左側)はこの位置でもおかしくないですが、左側は中途半端な位置になってます。
他にそのまま取り付けられるような所はありません。ステーで持ち出して付けないといけません。

面倒くさいので、それはそのうち… ^^;

このページのトップへ

次の”バックランプユニットの修理”

”メンテ・修理他”目次に戻る

トップページに戻る

当サイトのバナー 管理人へのメールmailto:s11_silvia@yahoo.co.jp | ?2007 ばに
inserted by FC2 system