S11(S10) シルビアとマイナー旧車

2006年4月 アーシング

電装系に不安が

十数年も放置されていたためか、電装系がちょっと不安定な感じがします。バッテリーからのマイナス配線を見てみると、経年劣化でかなりカチカチです。このままでは心配なので、アーシングをする事にしました。

アーシングは、抵抗が低くて電圧の降下が少ないコードでしっかりと配線できればいいので、わざわざ高いアーシングキットを買う必要はありません。超高級オーディオでしたら、物凄く耳がいい人であれば高級なケーブルを使う価値はあるかも知れません。それに、確かに金メッキ端子は化学的に安定しているので錆びたり劣化する事がないから有効かもしれませんが、ケーブルはそんなに高級なものは必要有りません。費用対効果を考えると馬鹿げてます。というわけで、私は700円で買った物を使いました。

純正アースポイントバッテリー台座が純正のアースポイント

アーシングをするポイントですが、ますは純正のアースポイントであるバッテリー近くのボディー。それとダッシュパネル助手席側と、火花がよく飛ぶようにエンジンブロック。あとはオルタネーターに接続しました。

助手席前パネル室内電装に近いということで、助手席の正面のパネルに。

エンジンブロックエンジンブロック。プラグの失火が少なくなるはずです。

オルタネーター暗くて判りづらいですが、奥の線がオルタにつながってます。

このページのトップへ

次の”またまた燃料タンク”

”メンテ・修理他”目次に戻る

トップページに戻る

当サイトのバナー 管理人へのメールmailto:s11_silvia@yahoo.co.jp | ©2007 ばに
inserted by FC2 system