S11(S10) シルビアとマイナー旧車

2008年2月 床にカビが!

マットをめくると…

セルモーターの修理の時、タイヤを外す為に助手席の後ろに置いておいた十字レンチを取り出そうとしたら、妙に湿っていたので床のゴムマットをめくってみると、ぽわぽわの白いカビが大量に発生してました。

床のカビ1見た目も酷いですが、臭いも酷いです。

床の内張は、かなり湿ってます。多分水分がゴムマットのせいで乾かず、ずっと湿った状態だったのでしょう。それにいつも暖房が効いているので、カビにとってはホクトの工場の中ぐらい最適な環境だったのでしょう。

床のカビ2もう殆ど「シロ」状態。これではもう使い物になりませんね。

そしてその内張のカーペットをめくると、クッション材が思いっきり醸されてガビガビのカビの固まりになってました。これはどうしようもないので、クッション材は全て除去するしかありません。

このクッション材はカビで床に固着してなかなか取れません。水抜き穴のグロメットを外して、水を流しながらタワシでごしごし擦って取り除きました。

雨漏りの原因究明と対策

どこから水が入ってきているのか確かめる為に、後部座席を外して外から水を掛けてみると、左側の内張の下から水が垂れてきます。

水漏れ箇所

そこで内張を外して見てみると、どうやらボディーと窓の隙間から入った水がウインドウレギュレーターに当たって飛び散り、内側のビニール(シーリングスクリーン)を伝って室内に流れてきています。ビニールの密閉が悪いようです。また下の方に少し錆が出てきています。

シーリングスクリーン

錆が出てきている所にはPOR−15を塗ります。そのあと、ボディーとビニールの間の下の方にもう一枚ビニールを貼り、それをボディー側に垂らし、室内に流れて来ないようにしました。そして正規のビニールを、二重にしたブチルテープでぴったりと隙間がないように貼り直しました。

これで完成です。

…と思いましたが水をかけてみると、以前よりは少ないですがまだ水が漏れだしてきます。どうやら根本的に修理しないといけないようです。

シーリングスクリーン作成

変質したシール剤カチカチになって全くベタベタしません。

やはりブチルゴムの両面テープ程度ではどうしても少し隙間が出来てしまうみたいです。そしてシーリングスクリーンが経年劣化でパリパリになっており、少し引っ張っただけでも破れてしまい、その隙間もあります。そして何より元々のシール剤がカチカチになって全く接着剤の役目を果たしていません。

シール剤除去後シール剤を全て剥ぎ取りました。

そこでこのシール剤を全て削り取ります。

そして写真左の四角い穴にビニールを垂らしてあるように、中央上の楕円の穴と中央下の一番大きな穴にビニールを貼る事にします。

このビニールは、ホームセンターで買ってきた園芸用ビニールの一番薄い物を使いました。メートル単位で売っている物です。

塞いだ穴

上の楕円の穴は全周貼り付けました。そして下の穴は左の穴を参考に、ボディー内部に垂らしました。

シーリングスクリーン作成

シーリングスクリーンは、ホームセンターで買ってきたテーブルクロス用の厚さ0.1ミリのビニールを、取り外した物と同じ形に切り抜きました。

シーリングスクリーン完成

接着剤はブチルゴム系のコーキングを使ってみました。ビニールが無色透明なので、シールがちゃんと密着しているか確認しやすいです。

コーキングをたっぷり使ったので、水は一滴も入ってきません。これで完璧です。今まで「完璧だ」と思った物の半分は完璧ではなかったのですが、これは本当に完璧です。自信があります。(笑)

クッション材

床の内張を張る前に、カビでぼろぼろになったクッション材の代わりを入れないといけません。ホームセンターで適当な物を探したのですが、適当な物が見つかりません。友人の整備工場にある廃車する車を見てみましたが、汚すぎて使う気になれません。本当なら車の内装屋さんに注文するのが一番良いのでしょうが、平日に直接会って材料を決めないといけません。私も仕事がありますので結局ホームセンターで売っていたカーペットを使う事にしました。

カーペット下のカーペット

使う物は切り売りしてた一番安物のカーペットです。ちょっと薄くて固いですが、厚みは重ねればいいし、後部座席は殆ど人を乗せる事がない(というより狭すぎて乗られない)ので支障はないでしょう。
床の形に合わせて鋏で切り、内張を留めるピンの所を切り欠いて完成です。これを3枚重ねて床に敷きました。

脱色したカーペット

内張のカーペットは綺麗に洗ったのですが、カビが生えていた所が脱色しています。恐るべしカビ。見た目は非常に悪いですが、穴が空いている訳じゃないし、この上に敷くゴムマットで隠れるので取り敢えずはこれでOKとします。そのうち「染めQ」か何かで色を付けようと思います。それとも中国のように緑色のスプレーをかけて”緑化”しようかな。

このカーペットをピンで留めて完成です。足で踏んだ感じでは違和感がありません。

これで一応OKという事にします。

うっかりバッテリーを上げてしまった

実はこの修理が終わった後、晩ご飯を食べてくつろいでいたところに友人から「パソコンの調子が悪いので来てくれ」との電話があり、早速車に乗ると、バッテリーがあがってました。
修理の時に窓を上げ下げする必要があったのでキーをONにして、そのまま切り忘れていたのが原因でした。

その時は父の車のバッテリーからケーブルを繋いでエンジンを回すとすぐ掛かったので、「うっかりしてたなぁ」ぐらいにしか思ってませんでした。

ところが、実はこれが原因で、後に思いっきり苦労する事になるのでした。

このページのトップへ

次の”トランクの雨漏り”

”メンテ・修理他”目次に戻る

トップページに戻る

当サイトのバナー 管理人へのメールmailto:s11_silvia@yahoo.co.jp | ?2007 ばに
inserted by FC2 system