S11(S10) シルビアとマイナー旧車

2007年8月 燃料タンク その後(たぶん完結)

タンクが直った証拠?

ガソリンタンクの補修が完璧だったのでしょう。以前までは内圧が継ぎ目から逃げていたのでしょうが、今は逃げるところがなく、燃料ゲージ取付部分のOリングの所からガソリンが漏れてきました。

実は前に燃料ゲージを交換した時、ゲージとOリングはセットになっているものと思って注文したのですが、Oリングは別注文だったので同梱されておらず、仕方ないのでOリングは前のを使っていました。

Oリング交換

届いたOリングスカイラインやブルーバード、サニー等と共通する数少ない部品です。

そのOリングを外してよく見てみると、表面が腐食して凸凹になってます。

もちろんすぐ注文しました。このOリングは当時の日産車の殆どの物に共通して使われています。もちろん品番も共通です。

古いOリングとの比較手前が新品。劣化具合、潰れ具合が一目瞭然ですね。茶色の物は液体パッキンです。

届いた新品と見比べてみると、新品の断面は完全な丸なのに、古い方は平べったくなっています。

そして表面は腐食しているのかざらざらになっています。

表面が荒れている上に厚みが足りなければ漏れるのは当たり前ですね。

このページのトップへ

次の”事故!?”

”メンテ・修理他”目次に戻る

トップページに戻る

当サイトのバナー 管理人へのメールmailto:s11_silvia@yahoo.co.jp | ?2007 ばに
inserted by FC2 system