S11(S10) シルビアとマイナー旧車

2006年11月 エンブレム制作

一つだけ欠品が

変なエンブレム黒地にシルバーで”IFT BAC”と書いてあります。
それにしても何故こんな物を貼り付けてたんでしょうか?

この車を購入する決め手になった理由の一つが外装の欠品の無さでしたが、一つだけ欠品がありました。リアのガーニッシュに付くエンブレムです。購入したときには、「IFT BAC」と書かれたエンブレムが付いてました。

何か変だと思ってよく考えると、トヨタの「LIFT BACK」のエンブレムの両端を切って貼り付けてあるんです。(笑)

自作するしかない

もちろんメーカーにはもう在庫はありませんでした。そこでネットでチェックしたところ、以前ヤフオクで取り引きされていたのを発見しました。終了前に気づかなかったのが悔やまれますが、幸い写真が残っていたのでこれを元に自作することにしました。

純正エンブレムネットで見つけた純正エンブレムの写真。正面から撮った写真ではないので少し歪んでます。

アルプスの昇華型プリンター

幸い私が使っているプリンターはアルプス電気の昇華型プリンターという、ちょっと特殊な物です。余り売れませんでしたが、普通のコピー用紙に写真並みの高画質な、しかも光沢印刷が出来る優れ物です。このプリンターは別売りのインクを使用すればシルバーやゴールドの印刷が出来るので、これを使って制作することにしました。

CADでシールを制作

CAD画面CADの画面。文字の調整が大変でした。

まずCAD上にエンブレムの写真を貼付けて、その書体に一番近いフォントで文字をなぞります。そしてちょっと足りない部分やはみ出た部分を修正。そしてバックを黒、文字をもちろんシルバーに設定して透明なシールに印刷します。

CAD画面0.2ミリの透明フィルムに印刷したところ。手前味噌ですが、いい具合です。

完成

完成したエンブレム完成したエンブレム。写真ではよくわかりませんが、文字は鏡面シルバーです。これを両面テープで車に貼り付けます。

次はプレートの制作です。ホームセンターで買ってきた2ミリの黒いプラ板をエンブレムの大きさに切り取って、角を丸めます。その上に先程印刷したエンブレムを貼り付けました。ただインクの定着が悪いので、その上から保護のために0.5ミリの透明なプラ板を貼り付けて完成です。本物と見比べると全然違いますが、知らない人には「こんなもんです」と言えば分からないような出来映えだと思います。

ミニエースのエンブレム

薄くなったミニエースのエンブレム薄くなったミニエースのエンブレム。これを元にして製作します。

ついでにミニエースのエンブレムも制作します。ドアのヒンジ部分にあるミニエースのマークがかなり薄くなっており、取り敢えず作ってみようということになったのです。こちらはプレートではなくシールだけですので、シルビアに比べると簡単です。まず本物の写真を撮ります。写真に歪みが出ないように、なるべく遠くから望遠で撮ります。それをシルビアと同じようにCADに貼り付け、文字をなぞって塗りつぶします。

完成したミニエースエンブレム完成したミニエースのエンブレム。これにはプレートがいらないのでシールだけです。こちらのシルバー部分はヘアーラインっぽい感じです。水色の所は余白です。

今度は文字が黒、バックがシルバーですが、そのシルバーはヘアーラインっぽくなっており、ツヤがありません。そこでツヤ無しシルバーのインクを使って透明なシールに印刷して、その上から透明なフィルムを貼り付けて完成です。これはシルビアのエンブレムよりも本物に近い仕上りじゃないでしょうか。

このページのトップへ

次の”フルトラ”

”メンテ・修理他”目次に戻る

トップページに戻る

当サイトのバナー 管理人へのメールmailto:s11_silvia@yahoo.co.jp | ?2007 ばに
inserted by FC2 system